top of page
記事: Blog2_Post
  • 執筆者の写真元気 東

中学1年生一学期期末テスト内容(数学)

皆様こんにちは 学習中exceedです。

今回は中学1年生の一学期期末テストの数学において、身につけておくべき内容をお話いたします。

数学では、負の数(マイナスの数)が計算に出てくることが、算数との大きな違いです。正負の数の計算は、一学期期末テストで多く出題されるだけでなく、今後の学習内容の基礎となるため、必須である知識です。今、身につけておくことで、今後の学習に繋がります。

次に文字式のルールを理解し、計算をミスなく出来る力を身につけましょう。正負の数の知識を活用することで、ステップアップの行い方が身に付きます。

次に方程式の計算を身につけましょう。文字式と方程式の違いを理解しておくことで、数学の基礎が身に付きます。これらを理解出来れば、テストでも高得点が取れます。

以下に得点の目安を記載します。

正負の数の計算のみ出来る…30 ~40 点

文字式の計算まで出来る …40~50点

方程式の計算まで出来る …60~70点

文章問題も出来る    …80点以上

※計算ミスがないことが前提です。一番大切なことは、無駄な失点を無くすことです。


学習塾exceedでは、得点UPに繋がる学習習慣を身につけることが出来ます。お気軽にお問い合わせ下さいませ。

閲覧数:67回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page